30代から自宅でだって美肌になれる☆ママの秘訣

肌ケア秘訣は最小限おうち美容と日常の美意識にあり

ストレスにはビタミンC☆美肌だけではない効果

.

ご覧いただきありがとうございます
美肌シフトです☆

 

秋になって子供関係の行事が増えています。

正直、これって必要なの?という奉仕的なものも。

f:id:bihadashift:20190819180133p:plain

一番大切だと思う、貴重な時間を

当たり前の様に費やさなくてはならない、、、。

きっとママなら、女性なら感じたことはあると思います。

長くなるのでここら辺で、、、。

 

そういうわけで

いつも以上にストレスが溜まる日々💧

夏の疲れが一番出やすい時期ですし

体への影響が出ないようビタミンC摂取を心がけています。

ストレス対策!!として大事です☆

 ビタミンCはストレス対策!美肌以外の効果も

ビタミンCは体内でコラーゲンを合成する際に必要な栄養素
体内で合成することができないため、食品や飲み物から摂取しなければなりません

 

何となく朝の果物でビタミンC摂取を心がけているという方も

多いと思います。

ですが、水溶性のビタミンCは基本的には体内に蓄積できず

摂りすぎた分は尿中に排泄されるため

毎日こまめに摂取することが重要です。

f:id:bihadashift:20191007174454j:plain

ストレス緩和

ビタミンCと言うとまず美肌に効果が、と思いつきますが

それ以外に、ストレス対策として重要なビタミンなんです☆

 

(TERUMO HPより)

仕事や対人関係などで、ストレスを感じてイライラしたときは、

ビタミンCを摂るといいでしょう。

ストレスに対抗するホルモンの副腎皮質ホルモンは、

コレステロールからつくられますが、その生成を促すのがビタミンC。

そのためビタミンCが不足すると、

上手にストレスを解消できずイライラしてしまうというわけです。

 

ビタミンCはストレス対策として日々不足させたくないですね

そしてビタミンCはストレスがかかると、どんどん消費していきます。

ということはストレスが多いほど

ビタミンCの消費量も多く、その分たくさん摂取する必要があるということです。

 

いつも同じ消費量と言うわけではないので

疲れたりストレスを感じる時期には

自分で意識していつもよりビタミンCを摂らなくてはいけませんね。

ビタミンCの効果的な摂取方法は?

ハウス食品HPによると

15歳以上の男女では1日100mg、妊婦110mg、

授乳中の女性は145mgが摂取推奨量とされています。

 

厚生労働省による「H28年国民健康・栄養調査の結果」によると

成人(20歳以上)の1日の平均摂取量は94mgとのこと

それなりに摂れている……と言いたいところですが、ちょっと残念なお知らせが。

世代別に見ると60~69歳が111mg、70歳以上が120mgと高齢者ががんばっている一方、20~29歳、30~39歳の平均はともに66mgと不足しがち。

 

これを見ても

仕事に育児にと忙しい世代ほどビタミンCが不足気味。

 

ビタミンCの多い食品は果物(とくにかんきつ類やイチゴ)野菜、いもなど

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、できるだけ新鮮な生で食べるのが

よいです。

ポイントは、洗いすぎたり、ゆですぎたり、水にさらしすぎたりしないことです。

 

ビタミンに関しては「常に身体に飽和している」状態が良いので

食事摂取基準で示された「1日100mg」は毎日摂りたいですね。

 

食品で摂取が足りないと感じる場合には

サプリメントをプラスするのも良いかもしれません