30代から自宅でだって美肌になれる☆ママの秘訣

肌ケア秘訣は最小限おうち美容と日常の美意識にあり

腸美人じゃなかった!「腸内環境・腸内フローラ」を整えよう

.

ご覧頂きありがとうございます
美肌シフトです☆

 

皆さん日頃お腹の調子は良い方ですか?

腸の状態が健康と大きく関わっていることがわかっています。

f:id:bihadashift:20190814171208p:plain

最近お腹を壊すこともあり💦

人間ドックで人生初の「大腸内視鏡検査」を受けました。

3日前から食事制限もあるし

結構勇気がいる検査です。

 

その結果、、、

完璧な腸美人ではなかった!!💦

腸の炎症等が見つかり、健康な状態!とまではいかなかったのです。

時々ゴロゴロしていたのはそのせいだったのかも。

 

もっと「腸をいたわろう!」と強く思ったのでした。

詳しい検査の流れ等また別記事で。

 

 

「腸内環境と腸内フローラ」の重要性


腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを「腸内環境」と呼び

そのバランスは様々な要因( ストレス・加齢・食事・薬等)で変化します。

 

腸内細菌の生態系や状態のことを腸内の細菌を顕微鏡でみると

お花畑に見えることから、お花畑と意味する「フローラ」をつけて

「腸内フローラ」とも呼ばれています。

 

腸内フローラのバランスは様々な要因で崩れやすく(腸内の悪玉菌が増える)、

そうなってしまうと悪玉菌がつくりだす有害物質も増え

便秘や下痢、肌荒れやアレルギー、慢性的な身体の不調など、

さまざまな悪影響が表れてくることになります。

 

良い腸内環境・理想的な腸内フローラとは?


乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を多くする、

つまり良い「腸内フローラ」を保つことが、

健康的に過ごすためにとても重要になってきます。

 

ストレスや疲労で毎回お腹を壊していては

日常生活にも支障をきたしてしまう。

是非「善玉菌」を増やしたいものです。

 

「腸内フローラ」の整え方

【ビオフェルミン製薬HPより】

『腸内フローラ』は加齢などのさまざまな要因によって日々変化しています。
さらに『腸内フローラ』を整えるには2週間ほど同じ菌を摂り続けた方がいいという

説などもあり、一朝一夕の改善策ではなく、「腸活」というように

継続的に取り組む必要があります。
無理のない自分に合ったライフスタイルで、理想的な『腸内フローラ』を

目指しましょう。
※腸活:『腸内フローラ』を整え、維持する活動

 

「食事がとても大切」

気を付けるポイントをまとめました☆

 

ヨーグルト、キムチ、ぬか漬け、みそや納豆などの発酵食品

 善玉菌の栄養源となる乳酸菌を多く含むので意識して摂取

 善玉菌が増え、腸内環境が良好に。

 

乳酸菌と同じ働きのビフィズス菌はさらに

 発がんの抑制やアレルギー症状の改善、

 脂質代謝改善効果などが報告されています。 

 

善玉菌のエサとなり活動を活発化させてくれるのが

 オリゴ糖や乳糖といった糖分です。

 ヨーグルトにオリゴ糖入りが多いですよね。

 

・便秘を防ぎ腸の働きを促す食物繊維を毎日摂る。

 

その他にも腸の健康に適度な運動や

日頃疲れを溜めないように睡眠をしっかりとること、などがあります。

 

まずは簡単に取り入れられるヨーグルトで

腸美人を目指し☆☆☆

自分に合う菌を見つけてみようかと思います(2週間ずつ様子をみて)