30代から自宅でだって美肌になれる☆ママの秘訣

肌ケア秘訣は最小限おうち美容と日常の美意識にあり

いわしの缶詰抜け毛薄毛や白髪の対策に☆美髪を作る

.

ご覧いただきありがとうございます
美肌シフトです☆

 

季節の変わり目
シャンプーの度に抜け毛が酷く
ちょっと心配になることも💦


美容師さんから聞いたのですが
夏が終わった今の時期が

一年を通して一番抜け毛が多くなるとのこと

f:id:bihadashift:20191112111934j:plain
 抜け毛を防いで美しい健康的な髪を保つのに

「いわしの缶詰」が効果があると聞き調べてみました!

 抜け毛薄毛や白髪はなぜ起こる?

老化だけではなく、若い人の間でも

抜け毛や薄毛、白髪に悩む方も多くいらっしゃいますよね。

産後からの薄毛に悩んだまま更年期に突入なんてことも聞きますし。

 

(Kerastase paris HPによると)

髪の毛の平均本数は、約10万本。

年齢や性別、生活習慣によって異なりますが、

1日に約100本前後抜けると言われています。

 

100本、かなりの数ですよね💦

 

抜け毛薄毛の主な原因は

・加齢

・遺伝的要素

・生活環境やストレス

・食生活の乱れ

・ホルモンバランスの乱れ

・過度なダイエット

などが上げられます。

 

特に女性は一生のうちにホルモンバランスが

大きく変化する時期があるため

抜け毛が起こりやすくなります。

 

また、冷えなどによる血流の低下は、

毛根に酸素や栄養が届きにくくなるので注意が必要です。

 

いわし缶詰が抜け毛や薄毛に効く理由

一番大切なのは

・バランスの良い食事

・睡眠

・ストレスを溜めないこと

ですが

なかなかパーフェクトには行きませんよね。

 

そんな時「いわしのDHAとEPA」が役立ちます!

イワシには、EPA(エイコサペンタエン酸)という成分が豊富に含まれています。
このEPAが血管を拡張して血液をサラサラにし、

頭皮の血流を良くする働きがあるそうです。


血流がよくなることで毛根にまで栄養がしっかり届き

薄毛や抜け毛になりにくくなります。

 

EPAは熱に弱いのですが、缶詰なら生の魚を入れた後に

熱処理をするため損なわれることなく摂取できます。

EPAもDHAも、缶詰の中の汁にたっぷりと溶け出しているそう。

食べる時には汁も一緒に摂取するといいですね☆

 

効果的な食べ方や量は?

厚生労働省が推奨する1日に必要なEPAの摂取量は1000mgで

いわし一尾分。

一般的ないわしの缶詰にはいわし5尾分に相当するEPAが入っています。

1缶で汁まで摂取することで十分な量のEPAを摂ることが出来ます。

 

他の青魚やサプリメントを摂取している方は

過剰摂取にならないよう調整が必要です。

 

梅干しと相性がいい

梅干しにはビタミンが含まれていて

いわしのEPAが壊れないようにガードしてくれます。

また、梅干しを加熱することによって
血液がさらにサラサラになることからもいわしとの相性は抜群☆

 

耐熱皿にいわしの缶詰を汁ごと移し

ほぐした梅干しを入れレンジで加熱するだけで出来上がり!

 

抜け毛薄毛対策に是非「いわしの缶詰」を取り入れて行きたいですね!