30代から自宅でだって美肌になれる☆ママの秘訣

肌ケア秘訣は最小限おうち美容と日常の美意識にあり

猛暑ストレスや睡眠にGABA?子供も大人もストレス軽減☆発芽玄米

.

ご覧いただきありがとうございます
美肌シフトです☆

 

 毎日暑いですね。

夏休みで子供達の世話もあるし、ちょっとストレスも溜まる~💦

夜ぐっすり眠れません。睡眠ってお肌にも精神面にもホント大切なのに。

 

子供も勉強があったり、

外が暑すぎていつもと違うダルさがあると、、、。

パパも暑さで今まで以上にストレスを感じるとのこと💦

 

何とか少しでもストレス軽減してあげたい!

そこで「GABAを含む食品」を意識して摂るようにしています。

 

 ちょっと以前に聞いたことがあったんですよね。

GABAがストレス軽減に役立つと。

 

f:id:bihadashift:20190801113641j:plain

GABAとは? 

(ギャバ・ストレス研究センターより引用)

植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。

γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、

GABA(ギャバ)と呼ばれています。


アミノ酸といえばたんぱく質を構成するものが有名ですが、

それらとは異なりギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として

働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割

果たしているのです。


そのため、ベストパフォーマンスが求められるトップアスリートの

ストレス対策にも用いられているほど。

近年では、ギャバ含有食品が多く登場し、一般生活者にとっても、日常的なストレスの軽減に役立っています。
ストレス対策のほかにも、ギャバは多くの作用が期待され注目を集めている成分です。

 

体内にあるギャバはストレスを和らげるために使われていて

不足してしまうと興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを

抑えることができなくなってしまうそう。

リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまうことに。

 

GABAを摂れる食品

最近コンビニなどでもよく見かけるのが

GABA入りチョコレート」。

おやつ感覚でよく食べています。

「ビター味」も食べやすく子供も大好きです☆

 

GABAの一日の摂取量目安は100ミリグラム程度。

食事で摂取するのが理想的ですが

足りない分をサプリメントなどで補うのも効率的です。

 

GABAを普段の食事で摂取しようと思い調べてみると

結構身近な食材があります。

 

・発芽玄米

・トマト ナス かぼちゃ きゅうり アスパラ

・メロン みかん

・キムチ

・納豆

・ジャガイモ

・チョコレート

など。

 

またビタミンB6を摂取することで

体内でのGABA合成をサポートしてくれます。

 

おすすめなのが「発芽玄米」

我が家では白米に混ぜて炊いています。毎日食べるお米なら

GABAを効率よく自然と摂取できます。

 

白米と比較して発芽玄米にはGABAが圧倒的に豊富に含まれているんです。

白米100g中に含まれるGABA(ギャバ)の量は1㎎と言われていますが、

発芽玄米はなんとその4倍の4㎎。

 

それは100g中に2.5㎎のGABA(ギャバ)を含む胚芽米

100g中に3㎎含むといわれる普通の玄米と比較しても圧倒的に多いGABAの量です!

 

夏の疲れが出やすい秋や、二学期の子供の疲れ対策としても

今からGABAを意識して取り入れ

猛暑を乗り切りたいですね!!